認知症・ストレス・がん…楽しく美味しくお勉強♪ 毎月開催・クスリのらくだの健康セミナーです。

漢方のご相談はクスリのらくだ
HOME > イベント > 今月のセミナー(2018年・5月)

2018年5月「元気の気とATP」〜らくだ健康セミナー〜

●今回のテーマは「元気の気とATP」でした

去る5月15日(火)に、当らくだにて、健康セミナーを行いました。テーマは「元気の気とATP」でした。
今回の参加者様は3名でした。

今回はらくだセミナーの常連さんであるIさんからのリクエストで、「最近どうもやる気が出ない」という事でしたので、テーマを「やる気の気」という事で開催させて頂きました。

「気」というのは、元々中国医学の考え方で、体全体を動かす力のある、目には見えない、けど物質として存在する微小成分、といった風に定義されております。

中国医学では、多岐に渡る気の働きをそれぞれ分類化しており、それぞれ「栄養」「推動」「温煦」「固摂」「防御」「気化」といった風に細分化されております。
この中でやる気の気に一番近いのは「推動」で、体の働き・正常な機能を推し進める働きですね。

気は前述の通り多岐に渡り、気の働きの衰えも同時に多岐に渡る症状の原因になります。
気の衰えが具体的にどのような症状に繋がっていくか、というお話もさせて頂きました。


この所やる気が出ない…
「気」の「推動作用」が衰えてる?

「気」は中国(東洋)医学の考え方に基づいておりますが、西洋医学的にも「気」の働きに通じる存在があります。いわゆる
「ATP」と呼ばれている物質です。
今回は生体内で最も重要といえるのに、一般の方にはほとんどなじみのないこの「ATP」についても触れてみました。

ATPは「アデノシン三リン酸」の略称で、体内では「生体マネー」と呼ばれる、体内における最重要物質のひとつです。
人体の働き、つまり各臓器の細胞の働きの大半は、ATPによるスイッチが入る事でスタートする為、「生体マネー」という異名がついているのです。

このATPは、私達の食事では主に主食として食べている炭水化物(ご飯・パン・麺類など)が原料となっております。
「気」という文字は昔は「氣」とも書かれており、いわゆる気(元気)は米から生まれるものだ、という事を古人は知っていたのでは?という事が伺えますね。

今年の1月のセミナー「代謝アップ」で、炭水化物がATPになるまでの1工程である「解糖系」についてお勉強した事もあって、今回は解糖系の次のステップである「TCAサイクル」についても簡単にお勉強しました。


「ATP」ほど重要で、かつ一般の方に
馴染みのない成分も珍しいですね。

 お勉強の後はスタッフでお食事タイム。
 今回は元気の気が増えるようにと、栄養たっぷりのメニューを考えました。

 ●今回のお食事メニュー
  ・ごはん
  ・牛肉(ばら肉)と玉ねぎの炒め物
   +大根おろし
  ・マッシュポテトとブロッコリーとトマト
  ・かぼちゃのポタージュスープ
  ・カブの酢漬け
  ・きぬさやとキャベツとお豆腐の味噌汁
  ・デザート(メロン)



 ☆参加者募集!(参加費:一般500円)
 次回の健康セミナーは、
 2018年 6月19日(火)の予定です。
 お申込み・お問い合わせはクスリのらくだ(04-7125-3227)まで!

 ※通常毎月第3火曜日開催を予定しております。
  お気軽にご参加くださいませ!



〜 お問い合わせ・ご相談はお電話で〜
クスリのらくだへお気軽にご相談ください。04-7125-3227

(有)クスリのらくだ  〒278-0026 千葉県野田市花井1-21-18
TEL 04-7125-3227  FAX 04-7125-3165  info@kusurinorakuda.com
Copyright (C) 2008 Rakuda Pharmacy. All Rights Reserved.