食生活 / 体温 / ぬるま湯 / ヨーグルト / 36度

漢方のご相談はクスリのらくだ
HOME クスリのらくだ 健康情報 > 飲食はなるべく「体温に近い温度」で

飲食はなるべく「体温に近い温度」で

私たちの体は食べ物でできております。なので健康な体作りはまず健康的な食べ物から。
ここでは飲食物の「温度」について、簡単に触れてみます。


人間の体は、体温のエネルギーで動く工場の集まり

飲食はなるべく「体温に近い温度」で

体質改善の為の食生活で気をつけたい事の一つとして、
「食べ物の温度」を挙げたいと思います。

人の体温はおおむね36度台です。
人間の体は、「新陳代謝を行う様々な工場(=酵素)の集まり」
としての側面があり、体温が36度後半〜37度という環境が、
それぞれの工場(=酵素)が快適に運営されるのに必要なのですね。

そんな中で、36度より低い温度の物を食べてしまうと、
その分の熱が奪われてしまい、体の各工場(=酵素)が
上手く働かなくなってしまいます。

ですので、食べ物・飲み物は、なるべく人肌の温度に近くして
食べましょう。
冷え性はもちろん、代謝が落ちる事が原因の諸症状
(便秘・メタボ・がん等)の予防にも繋がります。


ポットのお湯などを
上手に活用して、
暖かくして飲みましょう
▲このページのトップへ


腸にいい?でも体を冷やす「ヨーグルト」

便秘というのはとても身近な体調不良の一つで、
便秘でお悩みの方は後を絶ちません。

ところで当店では、「お通じに良いと聞いて」
ヨーグルトをせっせと食べている方ほど便秘がち…
という傾向があります。

ヨーグルトに含まれている善玉菌の是非はともかく、
ヨーグルトを人肌に温めて食べるケースはほとんど無い、
つまり食べた分お腹を冷やしてしまうことは明白で、
もしかしたらこれが便秘を助長してしまっているのかもしれません。

冷え性・抵抗力がない・便秘がちの方は、
まず「飲食物は人肌ぐらいの温度で」召し上がることを
心がけてみてはいかがでしょうか?


無条件にお腹に良い、
ともいえないのが
ヨーグルトです。
▲このページのトップへ




健康維持に役立つ食生活の事でお悩みの方、お気軽にご相談くださいませ。
(お問い合わせ内容は以下のフォームを入力後、送信ボタンを押してください)

お名前 *
メールアドレス *
健康維持に役立つ食生活の事で、気になっている点をご記入下さい。
その他、体調などについて、気になっている事をご記入下さい。



〜 お問い合わせ・ご相談はお電話で〜
クスリのらくだへお気軽にご相談ください。04-7125-3227


(有)クスリのらくだ  〒278-0026 千葉県野田市花井1-21-18
TEL 04-7125-3227  FAX 04-7125-3165  info@kusurinorakuda.com
Copyright (C) 2008 Rakuda Pharmacy. All Rights Reserved.