頭髪 / 発毛剤 / 千葉県野田市 / 漢方 / サプリメント

漢方のご相談はクスリのらくだ

進歩しつつある育毛研究・ぜひご相談下さい!

発毛剤・育毛剤はつかってみたものの、
効果がわからなかった・・・という方は多いと思います。

当店では、最近の研究から解ってきたことを元に、
頭髪でお悩みの方のご相談を承っております。
まずは頭皮についての基本的なことを、このページで
お伝えしたいと思います。

■髪の毛の生え方と発毛剤
■壮年期における脱毛の5大原因
■気になる方、まずは毛髪観察!



■髪の毛の生え方と育毛剤の作用および限界

毛髪は皮膚表面に出るまでが3ヶ月、
1ヶ月に1cmしか伸びません。
つまり、発毛剤の効果を実感するには、
まず6ヶ月の継続は必要ではないかということです。

また、発毛剤の基本的な作用は、髪の毛を作る細胞の
周辺の血管を広げ、血流を良くする働きしかなく、
発毛に必要な栄養を補給するものではありません。

血液中に発毛に必要な栄養が十分にないと、
血流を良くしただけで発毛を促すには足りない為、
発毛剤だけでは効果を実感するに至らなかった・・・
という結果につながります。

例えば、自分の子供に
「テストでいい点数を取りなさい!」と刺激を与えました。
ところが、子供は普段しっかり勉強していなかった・・・
これでいい点数を取れ、というのはちょっと難しいですね。

髪の毛も同じで、刺激を与えるだけでなく、
刺激を与えたら育ってくれる下地づくりが大切です。

▲このページのトップへ


■壮年期における脱毛の5大原因

壮年期脱毛症の主な原因は以下の5つです。

1.ストレス等による血管収縮と血流不足
 頭髪の材料となる栄養成分は血流によってもたらされますが、
 血流が悪いと毛乳頭にも毛母細胞にも材料が届かないため、
 頭髪が十分に成長できません。

2.男性ホルモンによるエネルギー代謝異常
 ホルモン代謝に関わる酵素「5αリダクターゼ」が男性ホルモンを
 悪玉男性ホルモンに(ジヒドロテストステロン)に変化させ、
 頭髪の成長を妨げてしまいます。
 この結果、毛髪が太く成熟する前に抜け落ちてしまい、
 ヘアサイクルを短くさせてしまいます。

3.皮脂過剰で毛穴が詰まる
 ホルモンの代謝に問題が生じ、男性ホルモンが過剰になると、
 頭皮の皮脂が過剰になり、毛穴が詰まってしまいます。

4.髪の毛に必要な材料不足
 髪の毛の主成分は「ケラチン」と呼ばれるタンパク質で、
 その主成分とも言えるのは16%を占める「シスチン」という
 アミノ酸です。タンパク質不足などでシスチンが不足したり、
 またシスチンを作る大工さんのような栄養素である
 ミネラルの不足も脱毛に大きく関わっています。

5.女性ホルモンの減少によるホルモンバランス変化
 女性は閉経を迎えると劇的に女性ホルモンが低下しますが、
 それにより相対的に男性ホルモンが過剰になり、
 毛髪にかかわるデメリットが生じやすくなります。

この5つの原因のうち、発毛剤がケアできる原因は
1の「血管収縮と血流不足」だけです。

それ以外の原因を抱えている方が
発毛剤だけでなんとかしようとしても、望む結果が得られにくいのは
想像に難くないところです。

▲このページのトップへ


■気になる方、まずは毛髪検査!

抜け毛の状態は数日経過しても影響はないため、
毎日の抜け毛で20本ためて頂きます。

具体的には、ブラシについた髪の毛を20本数えて
店頭にお持ち下さい。

専用の器械で、頭髪の太さを測定いたします。
毛根部より5〜10cmの部分を測定しますが、
平均の太さは0.07〜0.08mmです。




▲このページのトップへ


頭髪の事でお悩みの方は、下記のフォームからお気軽にご相談下さいませ。
(必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。※お名前・メールアドレスは必須です)
※携帯のアドレスに返信させて頂く場合、受信されない場合がございますので、
電話番号のご入力もお願い致します。

お名前 *
メールアドレス *
電話番号 *
※アドレスが携帯の方は必ず入力してください。
頭髪の事で、気になっている点をご記入下さい。
その他、体調などについて、気になっている事をご記入下さい。



〜 お問い合わせ・ご相談はお電話で〜
クスリのらくだへお気軽にご相談ください。04-7125-3227


(有)クスリのらくだ  〒278-0026 千葉県野田市花井1-21-18
TEL 04-7125-3227  FAX 04-7125-3165  info@kusurinorakuda.com
Copyright (C) 2008 Rakuda Pharmacy. All Rights Reserved.